秘湯「駒の湯山荘」とドラゴンドラの紅葉

a0184303_18381946.jpg

10/18
紅葉の奥只見の次は、秘湯のお宿「駒の湯山荘」へ。




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




a0184303_18424355.jpg

奥只見から、また枝折峠を戻って、今夜のお宿へ向かいます。
新潟の秘湯「駒の湯山荘」へ。



a0184303_18473272.jpg

山の中の一軒宿のこちらの温泉、毎分二千リットルの大量の温泉が川のように湯舟に掛け流される珍しい温泉!




a0184303_18483563.jpg

お風呂は 川沿いの露天や、貸切風呂2箇所 離れのお風呂と、他に2箇所とたくさんあるのです。
どのお風呂もすっごくぬるくて、最初は寒くて驚きましたが、長く浸かっていたら、身体がぽかぽかと温まるのです。
大きな湯船の隣には沸かしたあったかいお湯の湯船があって、寒くなったらあったかいお湯に入り、ぬる湯と交互に入って、宿のご主人いわく、1時間以上は浸かってくださいとのこと!




a0184303_1854055.jpg
 
お風呂のあとは、楽しみにしていた夕食の時間!
私の大好きな岩魚の塩焼きが炭で焼かれています♪




a0184303_18552959.jpg

素朴ながら、地元の拘った食材を使った夕食。
新潟産黒毛和牛のたたき、揚げたてあつあつの天ぷらやご飯はもちろん、地元の魚沼産こしひかり!
残念だったのは、ピロリ菌の除菌薬を飲んでいた私は、ビールを飲めなかったのです・・



a0184303_18583983.jpg

先ほど焼いていた岩魚の塩焼きもすっごく美味しかった♪




a0184303_18595034.jpg

お食事の後は 囲炉裏端でご主人が野草茶をふるまってくれました。
他の宿泊客の方たちとのんびりおしゃべり!
秘湯マニアの方たちといろんな温泉の話ができて楽しかった♪
こちらの「駒の湯山荘」、リピーターの方も多く、人気の温泉だったみたい。
とにかく湯量が豊富で、泉質のすばらしく温泉が新鮮??なんだそうです。
お湯の入れ替わりが早いほうが効能も良くなるそうですよ!




a0184303_1954675.jpg

こちらのお宿は、電気が自家発電で、部屋にTVもない!
夕食のあと、灯油のランプを灯してくれます。
最初は、何をして過ごそうかと思いましたが、また長風呂に浸かったりして、あっという間に夜も更けてゆきました。
豪華な設備などはありませんが、地元の拘った食事に暖かいご主人の心配りや大自然のなかで入る極上の温泉・・
好き嫌いは分かれるかも知れませんが普段の生活から離れて、ゆっくり気分転換するにはとても良いお宿だと思いました。
現実逃避度は、かなり高いですよ!




a0184303_19192873.jpg

10/19
翌日は、ロープウェイから紅葉が見れるということで、苗場プリンスへ。



a0184303_1922723.jpg

このロープウェイ、「ドラゴンドラ」っていうらしいですよ!
ちょうどこの日は、神奈川県民と東京都民 料金50%オフの日だったんだのです!
ラッキー!




a0184303_1924115.jpg

山を登っていくと結構、紅葉しています!



a0184303_19261490.jpg

色とりどりの紅葉が見事!




a0184303_192788.jpg

ロープウェイは、川を渡り山を越えてグングン登って行きます!
ロープウェイから紅葉を眺められるっていいですね!




a0184303_19292841.jpg

二居湖(ふたいこ)も見えてきました!
紅葉に真っ青な湖がきれいです。



a0184303_20245361.jpg

片道25分 山頂に着いて しばし休憩したあと、またロープウェイで下ります。




a0184303_20271343.jpg

ロープウェイの駅から駐車場までは、行きと同じでシャトルバスで帰ります。
平日とあって、帰りの関越道も空いていて、夕方には無事に家に到着。

先月交換したミシュラン アナキー3のタイヤは、やはりロードノイズが大きい!
路面状況にもよりますがタンデムシートの妻もうるさいね!と言い出すほど。
グリップ感はとても良い感じなのに残念・・
次回は、またメッツラーに戻すかなあ。。
[PR]
by masa4792 | 2015-11-05 19:32 | 国内ツーリング
<< 秋の奥飛騨へ 紅葉の奥只見へ。 >>